大田区・品川区・大井町・大森・蒲田・品川・横浜の会社設立をサポートします

0120-257-022 メールでのご相談

よくある質問と回答

Q会社の商号にローマ字を使うことはできますか?

A

使えます。 会社の商号には、ひらがな・カタカナ・漢字、ローマ字(大文字、小文字ともに可)、ア ラビア数字、その他の符号(「&」「、」「-」など)を使うことができます。ただし、符号については、原則商号の先頭又は末尾に用いることはできません。 「.」(ピリオド)についてのみ、省略を表すもとして商号の末尾に用いることができます。

Q取締役は何名必要ですか?

A

取締役は1名以上いれば設立できますが、取締役会を置く場合は、3名以上必要となります。

Q監査役は発起人になれますか?

A

なれます。
発起人の資格制限は特にありません。

Q株式会社を設立するために、資本金はいくら必要ですか?

A

資本金1円から設立することはできます。

Q定款に記載する本店所在地は、具体的に記載しなければいけないのですか?

A

定款に記載する本店所在地は、最小行政区画である市町村まで(東京都の特別区では区まで)を記載すればOKです。
そのため、市区町村までの記載にしておくと、所在地を同一行政区画内で変更した場合でも定款を変更しないで済みます。

Q自宅を本店にして会社設立をすることはできますか?

A

可能です。
ただし、業種によっては、事務所の広さや場所などに対しての規程がありますのでご注意ください。

Q発起人(出資者)は何名必要ですか?

A

1名以上です。

Q「株式会社」を「K.K.」、「Co.,Inc.」、「Co.,Ltd.」と表記して登記することはできますか?

A

できません。
会社の場合、会社の種類に従い株式会社、合名会社等の文字を用いなければなりません(会社法第6条第2項)。

Q数字だけの商号を登記することは可能ですか?

A

可能です。
「777株式会社」という商号を登記することも可能です。

Q会社の本店所在地をどこに定めればいいのですか?

A

可能です。
会社の本店所在地は、事業の中心となる事業所を置く住所に定めます。
自宅住所でも、少なくとも郵便物が受け取れる場所であれば問題はありません。

TKC全国会